2017年1月3日火曜日

My best of 2016



新年明けましておめでとうございます。
昨年は未経験の新しい業界に飛び込んだ事で生活環境が変わり、主に音源はオンラインやデジタルで入手していました。レコードショップも好きなので、今年はもっと外にも沢山観に行きたいと思います。Happy New Year.  As for me Year of 2016 was spend less time in go out than before, because I started woking a new job last year. I'll become more organized this year and have more time to spare.

まず、目先の楽しみとしては1月13日発売のBonobo『Migration』を新年一発目に購入しようと思っています。サブリミナルなトラックにスタイリッシュでフォトジェニックなMVの「Karela」不穏だけど綺麗でよく聴いています。Anyway I enjoyed music in my life. At first this year, I want to buy this music.


Animal Collective『Painting With』Jefre Cantu-Ledesma「In Summer」もデジタルでよく聴いていたのですが、フィジカルで2016年お世話になった10枚を以下順同で紹介していきます。Under the below My best of 2016 in random order, and then I collective them by physical. But I love listening to Animal collective and Jefre Cantu-Ledesma by MP3 also.


1)Hamilton Leithauser+Rostam『I Had A Dream That You Were Mine』ドゥーワップっぽかったりアパラチアン・フォークっぽかったり、多彩なアレンジを施したバラエティ豊かな楽曲に、力の強いHamilton Leithauserの声が符合して、全曲通して本当に素晴らしいアルバムです。2)シャムキャッツ「君の町にも雨はふるのかい?」邦楽という括りでなら昨年で一番聞いた音楽だと思います。このアルバムの持つフィーリングが、自分の生活の温度とちょうど良い気がしてて、細野晴臣さんの『Hosono House』と共にローテーションして毎日かけてました。楽観的に聞こえる歌声なのに、陰鬱と煌きがちゃんとあって、サラッとかけてても度々心が浮き立ちます。余談ですが、夏の夜のサマソニでヴォーカルの夏目さんを何度も目撃しました。ずっとお一人で廻られていたようで、ロックだなぁ、と感じた夏の思い出です。3)Pj Harvey『The Hope Six Demolition Project』粗野というと少し語弊を生むかもですか、少しハスキーな声とすごく華奢なのにドッシリとした風格で、元々90年代から好きなSSWです。ドキュメントアルバムっぽく、旅の情景を落とし込んだようなジャンボリーでブルージーな空気感もかっこいいです。1月の来日も可能なら行きたいです。4)坂本慎太郎『できれば愛を』気負いはないけど、聴いていると「なんだか生きてる」と感じさせてくれる、自分にとってはポジティブ・チューンが沢山詰まったアルバムです。「鬼退治」「マヌケだね」が特に大好きでリピートしてました。5)Crystal Castles『Amnesty(I)』Alice Grass在籍時のライブが、すごく良くて、アイコン的な彼女が抜けてどうなるのかと思ってましたが、暴力的に尖った電子音や救いようのなさそうな言葉のチョイスが、相も変わらずで好きです。6)女王蜂VS獄門島一家「金星/死亡遊戯」娘がライブを観て「めちゃくちゃかっこいいバンド!」と衝撃を受けていたのが女王蜂でした。ティーンの不安定さと高揚感を思い出しながら、許されるなら今年はあの扇子持って、子供と一緒にライブを観に行きたいです。7)The Radio Dept.『Running Out Of Love』冷たいけど、スッと体を抜けていくような、透き通っていてメランコリックなメロディが好きです。8)Warpaint『Heads Up』ポップに抜けすぎてて、個人的にはもっとメロウでも良かったと思うんですが、レコードで針を落として聴くと、また別の風合いが出てそれを楽しみながら聴きました。9)Anderson .Paak『Malibu』躍動感があるリズムとビートで、とてつもなく楽しい音楽を作るトラックメイカーです!一般的なスクリプト英語じゃなくて、あくまで実践的なリスニングの勉強の為、動画サイトでライブ映像などをザッピングするのですが、NPR Musicが配信してる彼のライブが言い回しなど含め、めちゃくちゃ良くて音源とともにかなりリピートしました。サイコーです。10)Soft Hair『Soft Hair』全然とっつけなさそうな異様なビジュアルですが、砂糖を溶かしたような甘ったるいサウンドに纏わりつくようなネッチリとしたConnan Mockasinと、硬質なSam Dustのヴォーカルバランスがとても良いです。Late Of The Pier分解後は、ソロのLa Priestとして楽器を作ったりもしていたSam Dustの影響か、全体的にエキゾチックな雰囲気なのも好みです。

以上が去年たくさん聴いた音楽でした。たかだかマイベストですが、選びきれないほどの良作が多すぎてけっこう迷いました。こうやって並べてみると、偏った趣味に見えても聴く音楽に合わせて、自分なりにライフバランスをとっていたのかなと思います。

では、本年もどうぞ皆さまよろしくおねがいします。



0 件のコメント:

コメントを投稿