2016年9月2日金曜日

DEERHUNTER


at ATPのZINE『MONOLITH vol.7』できあがりました。
いつもの通りDEERHUNTER絡みではありますが、音楽FAN ZINE、という括りよりも、紀行文、と前置きしておいたほうがしっくりいくかもしれません。
少し特異な体質の音楽フェス、All Tomorrows Partiesの空気感をパッケージして詰め込んだつもりなので、その雰囲気や臨場感を、少しでも感じてもらえる事ができたら嬉しいです。

VIOLET AND CLAIRE
lilmag 

ZINEのお取り扱いは、上記のお店さんたちにお願いしています。宜しくお願いします。
あと、販売ではありませんが、静岡県三島市のオルタナティブスペースC・I・P大阪のギャラリーPULPでも見ていただくことが可能です。

This is seventh issue of MONOLITH fanzine.
28pages,A5 Size, color pin up.
Main subject is All Tomorrows Parties curated by DEERHUNTER and about their own project.
On the other hand just my travel report.
If you interested in it, Please check it out above shops.Thanks.

今回のDEERHUNTERは、初めて日本に来たというジョージア出身のJavier Moralesと、様々なバンドのサポートで活躍しているパーカッショニストRashaanの2人も引き連れての、6人編成のツアーでした。前回観たときよりもアレンジの幅が豊富になり、更にパワーアップしたバンドサウンドを観せてくれて、かっこよかったです!

難波ハッチでは、Bradfordが冒頭に「I hope We will be come back here」的なことを漏らしながらも、ダンサブルでグラマラス、一種の自暴的さも兼ね添えたようなアグレッシブでパワフルなパフォーミングが素晴らしかったです。
オーディエンスの中には、ATLANTAのレーベル、geographic-northのTシャツを着ている人もいたりして、迎え入れたファンの一人一人の熱量が、まるで呼応していっているかのような、圧倒的にボルテージの高いステージングでした。DEERHUNTERのライブは見るたびに、変化してかっこ良くなっていくので、追いかけるのを止めれないんですよね。

その後、SAVEGESやプロモーターの方たちも交えてのアフターに、私も連れて行ってもらえることになりました。Bradfordはライブ後Jehnny Bethとの対談があったので、終わるまでは、メンバー達と楽屋でまったり待機です。主にLockettとは、お互いの近況とか、脱退したFrankyの新しいバンドOMNILOTUS PLAZAの新作とかの事を、小話を交えつつ聞くことができました。この辺りのことについては、またどこかで何かできれば良いなぁ、と考えています。

気になるメンバーの日本での過ごし方ですが、前日の夜に日本に着いて、大阪ではKING KONGFLAKE recordsに行ってきたみたいです。SPARKSのLPをゲットして、お気に入りのジャパニーズフード、お好み焼きを食べた、とLockettが嬉しそうに語ってくれました。
Mosesにも、ソロプロジェクトMOON DIAGRAMSについて「次のショウとかの予定はあるの?」と聞いてみたら「もう去年したからね。(DEERHUNTERは年内いっぱいツアー中なので)でも、来年とかにできたら良いなと思ってるよ。」と中々ファンには手ごたえありの前向きな返答をいただきました。DJとか日本でもしてほしいですね。
過去にMICE PAREDEやMACHAでの活動経験を持つJoshにも、新旧含め、バンド名の由来や今後のソロの予定なんかも聞くことができました。
既に新しいバンドの構想があるらしく、なんでも、完全にRockの要素を取り去った美しいサウンドメイキングを目指すそうです。DEERHUNTERとは全く違った展開になりそうでこれもまた楽しみですね。


対談が無事に終わり、全員が楽屋に戻ってきたので、荷物を一旦置きに車でホテルへ移動して、エントランスの前で待っていたら、ステージとは打って変わり、真っ白いジャケットとパンツに全身着替えたBradfordが出てきました。ロングテールのジャケットを除けば、東京で見せた衣装と全く同じ服装です。その姿は、煌々としたミナミの夜でもかなり目立ちます。突如降臨したロックスターのカリスマっぷりに、私はけっこうメロメロだったのですが、他の人たちは大爆笑でした。

予約していたお店に到着すると、先に始まっていたSAVEGESとそのスタッフ達が大変盛り上がってました。私はチームクワイエット、JavierとLockettと共にゆっくり、お酒と食事を楽しみました。こういう場面で、他のミュージシャン達ともコミュニケーションが沢山とれるBradfordを見ると、やっぱりバンドの窓口的な事も担ってる存在であることがわかります。

最後にチラッとだけ喋った時、 Bradfordが自分の携帯を取り出して(待ち受けは愛犬のFoxy)さっきあげたばかりの竹村延和さんのアルバムが既にプレイリストに入っている事を教えてくれました。実はLockettとMosesも竹村さんの大ファンで、Bradfordも「これは本当に素晴らしい音楽だよ。ありがとう。」と、お礼を言ってくれました。

次の日は、MosesとBradfordの希望で、禅を体験する為に京都へ行ったらしいです。
Lockettは「僕はあんまりそういうの分からない。」と言ってましたが、HCAでの大量の鈴や「wabi-sabi」を見るからに、この時期の京都の風土や景観をメンバー全員が十分に楽しむ事ができたんじゃないでしょうか。


東京も含め、今回もとにもかくにも楽しい経験ばかりでした!
また次回に期待しながら、引き続き彼らの動向に注目していきたいと思います。