2014年12月30日火曜日

My best music of 2014


今年はライブにも行かず、特別にアンテナを広げていた訳ではありませんでしたが、例年以上に「とにかく何をするにも音楽聴きたい」と思っていて、個人的には豊作な年でもあったと思います。
年の始めにいろいろ経験した所為か、自分の知らない外の世界よりも、自分の周りの人達や生活仕様に、自然と意識が向いていたから音楽ともよりいっそう密に付き合っていたのかもしれません。
整えるように日々を送っていた事もありますが、それが、従来の自分を取り戻したようで妙に居心地のよい年でもありました。

そんな中で毎年毎年10に絞るのは、とても楽しくても難しい作業でありますが、物理的な再生時間でTop10をご紹介していきます。



10)FKA twigs 『LP1』若干ドープさは抜けましたが、骨が軋んでいくようなバキバキとしたビートと心もとない不穏さは健在で、聴いてると心がざわざわと忙しなくもなるのですが、その一方で、彼女の周波数のような歌声には耳が引っ張らるような中毒性があります。ロンドンのダンス集団、WET WIPEZとのコラボ映像も楽曲にマッチしていて、鑑賞に近い感覚も持てます。9)ARCHITECTURE IN HELSINKI 『Now + 4Eva』きっと日本でも人気のあるメルボルン出身の超ポップバンドです。けっこうな大所帯から5人編成に変わりましたが、広義に通用するようなキラキラのダンスチューンは、一点の翳りもなく勢いがあります。キッチュな部分があるところも好感大で、ダウナーになりがちな気分を払拭したい時によく聴いていました。8)BLACK LIPS 『Underneath The Rainbow』反して、粗めのバンドサウンドが聴きたい時はいつもBLACK LIPSを選んでました。サザンロック回帰に対する郷愁のようなものは感じますが、13TH FLOOR ELEVATORSのようなスリリングさやジャグ感は少し薄れて、タイトで大人なサウンドになってきたと思います。キャッチーでダンサブルな「Smilling」、短くスパッと終わるドランクな「Do The Vibrate」が特に好きです。

ところで、個人的にやりとりのないColeですが、最近SNSではよく絡んできてくれます。

タイムラグもあり、質問の受け答えとしては正しくはないのですが、その後Bradfordが無事に退院したようでひとまず、ホッとしました。

7)ANTONY AND THE JOHNSONS『Turning』透徹として静かに佇むAntonyの歌声が、より近くロウに感じられるライブアルバムです。愛情や慈しみを分け与えてくれるような音楽なので、気分が落ち込んだ時にもかけていました。生涯ライブで絶対に一度は観たいアーティストの1人です。6)WARPAINT 『Warpaint』アルバム全体を通して悩ましくDullな空気と反復のミドルテンポ、抑揚もないのにどこかカウンターめいたものを感じるところがとても好みです。「Disco/Very」のMVでは、彼女達が着る服のコーデも含めて楽しんでました。5)LOTUS PLAZA 「Overnight Motorcycle Music」geographic-north.com)彼らのホームでもあるAtlantaを拠点とするレーベルGeographic Northから、リミテッド100、2曲入りのカセットテープでリリースされた音源です。相変わらずの万有引力さと少しづつ均衡が傾いていくような捻れ、1曲目の「Indian Paintbrush」においては、全編シンセのみで構成されているのに時空が広がるようなスペーシーさが圧巻です。自宅の8Trackで録音したと思われるローファイな質感も、カセットでリリースした意味合いを色濃く感じますし、自分にとっても初心と共に新たな気持ちまでも齎してくれるような音楽です。ブライアン・イーノの影響もたびたび公言しているし、Atlantaではかなり前からアンビエント中心のライブも披露しているので、まだまだ水面下に潜む楽曲達がありそうです。
4)THE RAVEONETTES 『Pe'ahi』ヴェルヴェッツのように退廃的で甘美なのに、陶酔や恍惚とは無縁のようなSUICIDEばりの極悪な轟音が本当にたまらなくカッコイイです!アルバムが出る度に悶絶してます。3)PUSSN BOOTS 『No Fools, No Fun』クラッシックなカヴァーアルバムと言えばSHE&HIMももちろん良かったんですが、個人的にはグッとブルージーな渋みがよく出てるこちらのアルバムをよりリピートしていました。ちょっと仕事でくたびれた時や大きく深呼吸をしたい時、深夜のアイロン掛けの時間なんかでもお世話になったアルバムです。名曲揃いとはいえ、真夜中の女子会のようなラフなムードでここまでの風格と深みを感じられるのはすごいです。女性としても憧れるけどNorah JonesのSSWとしての大きな幅には感嘆します。2)YUKI 『Fly』基本的に男性ボーカルを好む傾向があるのですが、今年は女性の声を欲していた年だったのかなと、このアルバムを筆頭に顕著に感じています。曲の合間にちょいちょい入ってる独白は、私はいらないなぁ、と思うのですが空洞でもダンスするようなサバイヴなエレポップさは、適度な距離感が保てて好ましかったです。1)CIBO MATTO 『Hotel Valentine』実に15年ぶりのCIBO MATTOの新作ですが、もう冒頭から、まんまとしてやられた感!がある程にいつでもどこでもフルリピートしていました。真新しさという点では、もしかすると今の早熟なリスナーには響きにくいのかもしれないですが、15年という月日を経たからこそ「まぁ、いっか。」と思えるような緩さとチャンキーさが、今の自分のフィーリングにまさしくピッタリと嵌ったのだと思います。サクソフォンやアフロビートが散りばめられているサウンドも楽しく "Hotel valentine"という架空のホテルのコンセプトも遊び心と憂いが同居してて面白いです。
私は1曲目「Check In」の “ I guess I got to keep falling ”が、言語の違いを超えて、ストンと自分に収まってきたので、結局そうありたいのかな?、とか考えてみると納得と共におかしさもこみ上げてきたりするのでした。
ご本人達による対訳と説明もライナーに掲載されていますが、羽鳥さんのボーカルは耳馴染みがとても良いので、まずは読まずに聴いてみて、それぞれに色んな解釈をしてみる事をおすすめします。

以上の他にBECKやOWEN PALLETT、ENO・HYDEやKAREN・Oなどもよく聴きました。
本年も皆様と沢山の音楽のおかげで素敵な年でした。
明くる年もどうぞよろしくお願いします。

歳晩ですが皆様、よき時間をお過ごしください。


2014年12月23日火曜日

中崎町にてQFD



『株式会社家族』の著者でもある山田かおりさんのブランド、QFDのお取り扱いが、新たにYAMASTOREさんにて開始されています。YAMASTOREさんでは、新作に加えて、私のような古参のQFDファンにとっては、懐かしくてたまらないアーカイブのアイテムたちも揃っており、山田さんお手製の限定ピアスなんかも置いてありますので、気になる方は是非是非チェックしに行ってみてください。


初めてお会いした時は、真っ赤なワンピに金髪でロックスターと見まごうばかりでしたが、この日履かれていた緑の厚底スニーカーも素敵でした。

運が良ければ山田さんご本人に、直接お洋服たちをご案内してもらう事ができます。

遠目ではありますが山田さんのご活躍をずっと拝察させていただいていて、最近少し雰囲気変わられたのかなぁ、とか思っていたのですが、いざお会いしたらそのカリスマ性は全く薄れる事なく、少しこちらが中てられてしまうほどの重厚感でした。そのエネルギッシュさで、これからもアッと驚くようなお洋服を作り続けていっていただきたいなぁ、と微力ながらも応援しております。すごく緊張してまたしてもうまくお話が成立しませんでしたが、また猫の話も是非ディスカッションさせていただきたいです。


YAMASTOREさんの河田さん。古着をはじめフレッシュで且つ気鋭なセレクトのお洋服と、少しストレンジなアンティークの小物達が揃うお店さんです。

大阪市北区浮田1-5-12 1F 
地下鉄中崎町①出口より徒歩3分
open 14:00-22:00 
06-6136-3211
詳細はお店のHPにてご確認ください。

もう一軒、せっかくですので山田さんもよくパトロールに来られるという古着屋さんをご紹介します。

彼女の大ファンです。
鬼ごっこ久しぶりにしました。とても楽しかったです*
大阪市北区豊崎1-1-21シャトー中尾101
06−7172−3677
営業時間や定休日はHPにてご確認ください。

着る事に対する概念などは、個々によって変わってくると思うのですが、それにとどまらず、自分は人の手でキチンと作られたものを人の手から買いたいんだなぁ、と改めて思いました。だから、やはり良質な売り手さんはそういう意味でも、自分にとっては希有な存在です。

そして両店舗には、いつもお世話になっている古着屋さん、PARAMEXICOさんのフライヤーも設置させていただいてます。ご近所さんですし、そちらも是非よろしくお願いいたします。


山田さんの達観したような空気は、個人的に黄金期だと思っている往年の荒井由美を彷彿します。
演奏はTin Pan Alley、この映像がこの時代に見れる事自体も感動です。




2014年12月20日土曜日

新しく名刺作りました。



何となく心機一転、作成したくなり作ってみました。
名刺ってほどのものではありませんが、口べたですのでこういうものはいつも持ち歩いておきたいタイプです。
孔版印刷で刷った名刺もまだ中崎町の古着屋さんPARAMEXICOさんに置いていただいてますので良ければお持ち帰りください。

Hello,There.
I made new my name cards twice.
If you find interesting, I'd like to have it to you.
Say hello to me When you see me!

もちろんお会いしたとしても出会い頭にこんなことしませんし、
「You gotta be kidding!」とかも言いませんし、
二刀流でもございません。
Olsen姉妹が、というより家族想いのMichelleが好きな感じです。
皆様、どうぞよろしくお願いします。


作業中に聴いてたKula Shaker、完全に「Dude!」がきっかけです。

2014年12月17日水曜日

zineについて


11月15日〜12月7日の間、SUNNY BOY BOOKSさんで開催されていました「おとなとZine おとなのZine」に郵送にて参加させていただいてました。
今年は、何気ない毎日の一日一日を享受して穏やかに過ごそう、と「作る事」から自然と距離をとっていた一年でしたので、参加させていただいた事は、個人的にもとても大きな大きな意味合いを持つ出来事でした。
主賓で翻訳家としても活躍される西山敦子さん、DirtyさんのZineは自分が作るきっかけのロールモデル的な存在であり、ご本人にもお会いしたのはもう、かなりずいぶん前ですがずっとご活躍を拝察させ続けていただいてました。

SUNNYさんのコラムを拝読させていただいた時は驚きもありましたが、自分も感じていた違和感に、自分のように稚拙ではなく真摯に、そして実直に言葉にできるDirtyさんに胸がじんわりしました。本当にプリミティブな手法で作られた、たったの一冊が、誰かの心に届くのはZineの可能性の所によるものなんだなぁと、シンプルにまた自分が元気をもらう事ができました。

『ヴァレンシア・ストリート』
今年は、とてもゆったりしてて、自分ではなにもアクティングな事してないなぁ、って思ってたのに、人様からは「アクティブですね!」って言われる事が多くて、さぞかしエキセントリックに映っているのは不承不承ながらも、それで周りの人たちを疲れさせてしまっていたら、と考えると、とても怖いし悲しいです。結局無意識でも何かを作っているし、作っていないとなんか調子悪いし、それは自分にとって呼吸と同じ事なんだと実感はできたんですが、とにかく日頃支えてくれている人たちの事も大事にしたいです。そんなに大きな事はするつもりもないし、もちろんできませんが、、、、とか、そんな事もほんのり考えながら、やっぱりZineは作っていくんだろうなぁ、と思っています。

 このフェアのZineはコピーできたら、一部いただけるそうです。トレードを沢山していた頃のように、届くのを待ち遠しく心待ちにしてます。
また、手元にやってきましたらブログにて紹介させていただきますね。
そして、今Zineの事で海外から色々お誘いいただいています。はっきり言ってどうなるかわかりませんが、のんびり構えながらそちらもまた紹介できたらいいな、って思います。


幸せを当たり前でなく、拾いもののように感じれる、「ラッキー」って良い言葉です。



2014年12月15日月曜日

The Blow



今年のリリースではないのですが、THE BLOWがめちゃめちゃ良くて毎日新譜に織り交ぜてフルリピートしてます。オリンピアを拠点に、元々は“Get the hell out of the way of the volcano”というプロジェクトをしていたKhaela Maricichと、その彼女で多分野でも広く活動するアーティスト、Melissa Dyneの2人からなるエレクトロ・ポップ・バンド。シンセサイザーを駆使したこの手のバンドでは、個人的にARCHITECTURE IN HELSINKIYACHTにひけをとらない位大好きです。

あと音自体はもちろん、個人的な体験からソーシャリティに対する疑問符まで、クィアな視点と若干シニカルながらにも、ナラティブに取りまとめられた歌詞もとても良いです。
“Riot Girl”、という呼称や定義は、昔から沢山の議論があり、むしろ時代とともに変化してきているものなのだな、とまざまざと感じさせられている昨今ですが、音楽、パフォーミングともに彼女達はRiot Girlと呼ぶにふさわしい存在なような気がします。

KhaelaとMelissa。Melissaはダイキーな魅力がたっぷりですね。

コラボレートしているアーティストも数多く、K recordsのレーベルメイトでもあるMirah、VAMPIRE WEEKENDのRostam Batmanglijなんかも、彼女達の曲をミックスしたりしていますし、上記にあげましたYACHTのJona bechtoltは、元々Khaelaのソロに参加していた経歴もあり、昨年の新譜『The Blow』でも協力者として名を連ねています。


文筆家としても活動するKhaelaのブログや記事もとても興味深く、最新の更新では
「物作りをするときに重要な事は、たとえそれが正しくあっても、恐ろしい事でもあるという事を意識する事です。」という文頭で始まります。内容は翻訳して紹介するかしないか迷いましたが、エッジでもなんでもない自分は、彼女の言葉の真意にどれほどまで近づけれるか、全く自信がないのでやめておきます。しかし、でも音楽と共に読んでほしいなぁ、とおすすめはしたいです。


モールス信号っぽいチープな電子音とナーディックな雰囲気で、肩透かしくらう位ゆるい筈なのに、聴いているとこんなにも切なくてやるせなくて、でもそれは同時に誰かにとっての優しさにもなりうると思うから、THE BLOWの音楽は魅力的だし支持されてるんだろうと思います。

今年はライブに行かない、というなんとなくな自分ルールですが、もし彼女達が来日してくれてたら、破棄していたと思います。いつか観たいなぁ。

2014年12月2日火曜日

New Designed for PARAMEXICO


かねてよりデザインさせていただいてます中崎町の古着屋さん、Paramexicoさんのショップカードなのですが、12月はクリスマスバージョンです。
今、Paramexicoさんの店内には、メンズやレディースのお洋服はもちろん、プレゼントに最適な小物類もたくさん充実しています。
寒くなってきましたが、町のイルミネーションはどんどんカラフルに色づいてきて、年の瀬が待ち遠しいですね。
私も好きなお洋服を着て、この冬を楽しみたいと思います。
皆様も良ければ、ぜひParamexicoさんに行かれてみてください!よいクリスマスを迎えられますように☆

A vintage clothing store Paramexico at Nakazaki-cho (area of northern Osaka).
I'm designed that Christmas limited edition this shop flyers. 
Paramexico of nowadays, Then also miscellaneous products like make Santa jealous for gift that you can find one. 
It's gotten cold recently, But the city lights are beginning to show signs of color. People dying to welcome the Christmas day:) 
Please visiting here and joying that.  

大阪市北区中崎町1−1−28 済美荘1F
OPEN 13:00~20:00
06-7657-2659
Instagram