2014年10月9日木曜日

FRANCES HA


「私も後から観るんで、ネタばれしないように感想だけ下さい。」という、女友達のやや無茶ぶりちっくな要求から20分後、だいぶ様変わりしたアメ村のど真ん中にあるシネマート心斎橋に『フランシス・ハ』を観に行ってきました。スティングの長女で親友ソフィー役のミッキー・サムナー等、出演している俳優陣や演出も言わずもがな素晴らしかったのですが、とにもかくにも主人公のフランシスが人間としても女性としても魅力的!な作品でした。この映画を好きになるという事は、彼女自身を好きになるという事と、ほぼ同義なんじゃないのかな?とかまで個人的に思ってしまったりする位です。ウディ・アレン『マンハッタン』へのオマージュが盛り込まれた、全編がモノクロの映画ですが、何をするにもフライング気味でエキセントリックなフランシスのキャラクターが活き活きとして、デヴィッド・ボウイの「モダン・ラブ」の音楽と共にフランシスがニューヨークの街をひた走るシーンには、ハッと目が覚めるような鮮やかさまで感じさせられます。それを観ていた自分の体温も上がったせいか、スクリーン全体も躍動しているようでした。フランシスが駆け抜けたような疾走感で、あっという間に本編も終盤になり、つまずいてもまっすぐに自分を生きるフランシスの笑顔には、自分自身にも元気を分けてもらえたような気分になりました。

監督は『イカとクジラ』(この作品も大好き!)のノア・バームバック監督で、脚本にはフランシス役を演じた主演のグレタ・ガーウィグも参加しています。私生活でもパートナーらしいのですが、また2人での共同作業にも期待を込めながら、『フランシス・ハ』は本当にストレートに面白い映画なので、観に行かれてない方は是非映画館へ足を運んでみてください。

UNDATEABLE!!!

この作品の字幕翻訳は西山敦子さん。かなり前ですがZINEのイベントでご一緒した時に頂いたフラッグ、今でも大切に部屋に貼ってます。私は西山さんの文章も沢山読んでいて、すごく好きな書き手さんのお1人でもあるので、二重の意味で観ていて嬉しい映画でした。お勧めです!


2014年10月1日水曜日

ZINESTER AETERNOON


東京アートブックフェアの次の日は、東京での2つ目の目的、かねてから行きたかったZINESTER AFTERNOONに行ってきました!


@Cafe★Lavanderia

日本でZINEといえばまっさきにチェックするべきストアlilmagさんですが、ZINESTER GATHERINGについて、もう何年も前に友人から「絶対なほこは好きな筈やから、機会があったら行ってみ!」と言われていて、それ以降ずっとそのチャンスを窺っていたのでした。ちなみにZINESTER AFTERNOONの方は毎月行われていますので、私の様な弾丸トリッパー、或いはスケジュールが密な方でも、参加しやすい会合であると言えます。2014年のTOKYO ZINESTER GATHERINGは11月に開催ですね!ZINE作ったり読んだり、別にそうじゃない方であっても、行ける方は絶対行った方が良いイベントだと思います。パフォーマンスされる参加陣もいつもすごく魅力的な方たちばかりで、ZINEに関しては絶対にマストなイベントの筈です。

第9回 Tokyo Zinester Gathering

日時:2014年11月29日(土)30日(日)
会場:pool(桜台)
http://mdel.co.jp/pool/

9th Tokyo Zinester Gathering
29&30 November 2014 at pool (Sakuradai, Nerima)



とか言いつつ思いつつ、まだ自分は参加出来てなく、ただ私生活で、というか子どもたちがけっこう大きめになってきましたので、今まで以上のスパンで東京に行く事が可能になりつつありますので、次回は是非TOKYO ZINESTER GATHERINGを目指して、また東へ向かいたいな、と思っています。


そして、今回もやっとこさ来たのに、ZINESTER AFTERNOONの滞在時間わずか30分(だったのでまたまたお写真撮るの忘れてました)でした。でも、いつも画面ごしに見ていたlilmagさんのZINEを直接手にとって読めたり購入できたりした事や、この日来られてた皆さんとZINEについて色々お話出来た事は、大阪の家で1人でZINEを作っている自分からすると、その飛距離や不可思議さや可能性なんかをギュッと濃厚に感じれた気がして、とにかくとても幸せな時間でした。90年代の頃より雑誌や本の中で記事を拝読させていただいてたlilmagの店主、野中ももさんにもお会い出来ましたし。当時の雑誌がとても大好きで、まだ沢山所持しているのですが、その中のご本人のお写真が、今と全くお変わりなく少女の様な方で驚きました。感激の挙句、自分のカメラで写真をとり忘れた自分ですが、店を出た私に手を振ってくれるお姿は目に焼き付いていて反芻しています。履かれてたクリアソールの靴がキラキラしてました。


そしてまたしても、めっちゃ私事ですがうちの伯父はブルースギタリストを長い事してまして、上田正樹さんとかとバンドを組んだりしていたのですが、Cafe★Lavanderiaの藤本さんは大阪出身の方でサウストゥサウスの前身バンドとかよく見てくれてはったようです。嬉しい!ドラマーの正木五郎さんはうちのおじいちゃんの葬式にも来てくれはりました。伯父さん達には“東京に行ったら必ずCafe Lavanderiaへ!”と伝えようと思います。


模索社!!


でもまた濃ゆめのディスカッションをさせていただき、どんだけ刺激的で楽しい場所なんだ新宿2丁目、と驚き慄いております。次はIrregular Rhythm Asylumにも必ず行きたいです。

置き土産というには、あまりにも。

色んな考え方や生き方が手弄でもある今の時代で、揺るがない姿勢の人に出会う度、自分が弱いという事を実感します。それでも、やりたい事や夢だけはどんどん増えて行く一方なので、そんなとこも許容できる範囲は許容しつつ、1つずつ完遂させて行きたいなぁ、と思います。