2011年10月19日水曜日

ちょっとびっくりした話。NO AGE来日公演パフォーマーAaron(the downtown don)ときらびやかな周囲について 


JACK WALL というアーティストがいる。90年代後半、彼は故 ROBERT MAPPLE-THORPE の恋人で自身もアーティストだった為写真には詳しかった。その当時、NYに越してきたばかりの若きスケートボーダー RYAN MCGINLEY の写真の才能をいち早く見抜き、写真展をする事を勧めたのが、なにをかくそう彼である。ライアンはその初の写真展に向けて高品質なZINEを100部作り、それを店頭で販売するだけでなく自分の友達や好きな雑誌、尊敬するアーティストまでに送った。それが功を奏し、そのうちの一つでインディーズ・マガジン 『 INDEX 』 から電話がかかってきた事によって彼の写真家としてのキャリアが始まった。


今現在のライアンのキャリアは、彼の才能とそれを開花させた閃き、そして行動力、がもたらした物だと言う事は当然です。彼は常にクリエイティヴに生きていますし、その為には時間も労力も惜しみません。しかし、ジャックの「写真展をひらいたらいい。」の一言とバックアップがなければ、今には繋がっていなかったかもしれません。

そのジャック・ウォールの作品集  ADA 』

この作品集は元恋人のメイプルソープが1982年に撮った一枚の写真からすべて作られている。
同じ写真を、ただひたすら様々な形に解体して、配置を変え、再構築する。手法はコラージュと言っていいが、それぞれに鉛筆の下絵が残り、貼りつけにもテープとのりを組み替えて使用したり、更には貼り付ける際についた汚れ、指紋などもそのまま残されている。

別れた後に、元恋人の同じ作品を切り刻み、コラージュにして、作品にする事への生々しさ、冷やかさも少し感じられる。





私がこの作品集を所有していたのは、上記の前置きなど全く知らず、ただ単に書店で出逢い、気にいったからであった。活動の幅は、かなり違うが、それと同じフラットな感覚でライアンも私のフェイバリットなアーティストの1人である。その経由で、ライアンのインタビューの記事を読んでいたら、彼の口からジャックの名前が出たのである。


「mono.kultur #27 Ryan McGinley 」 

この 『ADA』 はライアンの介添えもあり2008年に発行されたのだと推測するが、この発行元を調べたら、 OHWOW というNYのギャラリーだった。このギャラリーは勿論ライアンも繋がっているし過去には、TERENCE KOH にもインタビューするなど、その経歴を見ただけでNYのアートカルチャーにおいて重要な存在である事がわかる。そのギャラリーの中心人物が Aaron BONDARROFF。そう NO AGE 来日公演の際、前座でマイクパフォームを披露した Aaron ( THE Downtown Don ) その人だったのです。

知らないで観てしまったのでビックリ。自分の所持品が総てリンクしていた事にも驚いているし。
そう考えるとつい最近も長いツアーの間にZINEを制作しMOMAで行われたアートブックフェアにも出展、音楽とともに地元のアートシーンも支え続ける NO AGE はやっぱすごい。

2011年10月15日土曜日

10/15・16【MOUNT ZINE2】10/14~11/6【横浜トリエンナーレ】出展のご案内



私の配布分のフライヤーは、大阪アメリカ村の本屋さん「STANDARD BOOK STORE」さんに設置して頂きました。

因みに、今STANDARD BOOK STOREさんでは[ホンマタカシ×水原希子-about a girl-]展が本日まで。500円でワンドリンク付き、なんと撮影は自由にOK!なので、ポラロイドで撮られた水原希子ちゃんを自分のカメラで撮影してお持ち帰りできます。


束ねられただけのD.I.Y感。ポラロイドの温もり。勿論購入。


多くの言葉は書きませんが、あまりない感じの写真展です。少し乾いた空間・余白、と瑞々しい被写体、水原希子ちゃんの旬な魅力も存分に楽しませて頂きました。本日最終ですが、是非足を運んで見てください。
『拡張するファッション』林央子さんのコーナーもあって、本当にこちらの本屋さんはイベントが素晴らしいんですが、置かれている本達のセレクションも素晴らしい。思わずこの日のランチ代まで(というか所持金全部)本に使ってしまいました…。でも後悔なんて勿論なく、イベントや展覧会には、やっぱり自分の足をつかって直接見るほうが絶対良い。感じた事を含め総てが、自分にとって財産になる筈だから。林さんのトークショーを聞いて以来、今までは身分不相応な気がしていた物も、グッと背伸びしてみるようになった。まだ実にはなってないけれど、いつでも背筋は正しておこう、という意識はつねに持てるようになりました。本当に感謝。林さんの出版された物もコレクトしていくつもりです。 

ここからは自身のZINEの告知です。

本日10月15日から16日の二日間、 世田谷ものづくり学校で行われます【MOUNT ZINE2】に私のZINE『Sung Attic』を委託出展します。出来る事なら私が直接伺いたかったのですが、今回は東京行きを断念し、ZINEだけの出展です。FFLLAATT×BAMBA BOOKSさんが主宰するこのイベント。写真を拝見したらとても素敵なZINEのディスプレイでした。オシャレでFAN ZINEばかり作ってきた私は少しドキドキ。こちらも入場料が1000円で、その中にワンドリンク+500円分のZINEチケットが入ってますので皆さんお気に入りのZINEを見つけて、是非お家に連れ帰ってくださいね。

詳細はこちらからhttp://ffllaatt.com/mountzine/

それに伴い【横浜トリエンナーレ】10/14~11/6

にも参加いたします。販売はMOUNT ZINEさんが修了されてからなので、17日からになります。

[ 新・港村-小さな未来都市-Bank Art Life3 ]
開催期間)10/14(金)~11/6(日) *休館日 10/27(木)
時間)11:30~19:00 *金曜は21時まで
場所)新・港村(新港ピア) *会場の一番奥の左手 PORT ZINEのスペース
231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-5
横浜みなとみらい線「馬車道駅」6番出口 徒歩10分
入場料)港村パスポート 300円

詳しくはこちらから→ http://shinminatomura.com/ 

    『Sung Attic』は限定50部で(あまり多く作るタイプのZINEでもありませんので)そのうちの30部をこちらで販売させて頂きます。1人だったとしても、見てくれた方の心にフィットできたら嬉しいです。そういう気持ちで出来たZINEなので…、あまり上手く言葉に表現できずすみません…。

よろしかったら皆様この素敵なイベントに是非ご参加ください!

HAPPY BELATED BIRTHDAY !


OCTOBER,7 Congratulations On Lockett 29th Birthday



  May your life always be full of joy. I wish you the best of luck in the future.              respectfully yours

                                                                                                                                      nahoko                                                                                                                                     

2011年10月11日火曜日

息抜きコラム:ATLAS SOUND 『PARALLAX』




DEERHUNTERの最新アルバム『HALCYON DIGEST』は彼らの虚無的美しさは保ちつつ、今までとは違う多彩なアプローチですごく良いアルバムでしたが、彼らの特筆すべきは楽曲が持つセンシティブで独創的な世界観に反して、非常にアクティブで体力のあるLIVE活動をする所なんじゃないでしょうか。何せ、この『HALCYON DIGEST』を引っ提げたTOURをかわきりに、一月は4ADevening、八月はSUMMER SONIC、EXTRAとその間に二回も来日を実現させちゃってますから(ありがとう!)。その長い長いTOURも最近終えて、バンドはATLANTAへ帰国。ようやっとオフなのかな?と思いきや次はBRADFORD.COXのソロATLAS SOUNDがNEW ALBUMをRELEASE。地元ATLANTAでは、SOUTHERN COMFORT EXPERIENCEで行われたBLACK LIPSのLIVEにJOEY RAMONEの格好で登場し『DO YOU WANNA DANCE』を披露。後日、同じ衣装だけどウィッグの髪は短く切って(あれ確かにちょっと長かったよね)MGMTがCOVERした『LUCIFER SAM』にも後方で参加。怒涛のリリース頻度の様に感じるかもしれませんが、彼のルーツを追った所、音楽のクリエリションはティーンの頃から「日課」のようなものになってるみたいです(1に音楽2に音楽3も音楽のTHURSTON MOOREにも通じるけど)。それに加えて、興味を持てば、積極的にあちこち関わりを持つ人なので、受ける刺激も多くインスピレーションも広がる一方なのかも。そのひろがったものを、子供のように無邪気に戯れて、音と融合させて集約するPLAY GROUNDのようなATLAS SOUND。BRADFORDの好奇心の飛躍が自由に特化して表れているので、DEERHUNTERに比べ実験的要素やコンテンポラリー寄り。新しく発売される『PARALLAX』では、2ndALBUM『CONGRATULATIONS』が 「すごく良かった。」とBRADFORD自身、何かのインタビューで言及もしていた(余談だけどほんとに良いアルバムでした)MGMT、ANDREW VAN WYNGARDENも『MONA LISA』で参加し、本人いわくBRADFORDが大好きなBROADCAST、STEREOLABに精通するようなALBUMになるらしい。この二つのバンドを聞くとコケティッシュでアヴァンギャルドな印象もあるけど、ALBUMに先駆けて公開されている楽曲を聞くのは極力さけて、ためにためてCDで聞きたいタイプなんで発売を待ちます。日本先行発売、ってのもなんか嬉しいです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005J7CTLC/nx28i-22/ref=nosim/

2011年10月7日金曜日

10/15・16 世田谷ものづくり学校【MOUNT ZINE 2】にZINEを出展します!  



この所はZINEのイベントが目白押しで嬉しいです。FFLLAATTさんとBAMBA BOOKSさんが東京で主催する【MOUNT ZINE 2】にQUICKCANALのZINE『 Sung Attic 』も出展させて頂きます。私は残念ながらZINEのみの出展で、直接伺う事は出来ないのですが、良ければ皆さんQUICKCANALのNEW ZINE『 Sung Attic 』を見に来てやってください。小部数でお店のお取り扱いもごく僅かだと思いますので見てもらうだけでも是非是非。スペースに吊るされたZINEのレイアウトがとても可愛いですよね!

この【MOUNT ZINE】さんでは入場料の1000円を、ワンドリンクチケットと500円分のZINEチケットに交換する[ 1ドリンク1ZINE ]というシステムを導入されています。ZINEの作り手も含め、この日来場された総ての人が、自分のお気に入りのZINEを1つ家に持ち帰れるシステムになっているんですね。ZINEの販売価格は500円からなので、それ以上のZINEは差額がありますが、それでも500円オフはとても嬉しいですよね☆作り手も読み手も、飲み物を飲みながらZINEを手にして直にお話ししたり出来る事もすごく魅力的。自由に参加できますので、皆様良ければ足を運んで見てください!

日時)
2011年10月15日 13:00~19:00 2011年10月16日 11:00~18:00
オープニングレセプション 15日 17:00~

場所)
世田谷ものづくり学校 (IID) 1F マルチプルスペース
   154-0001 東京都世田谷区池尻 2-4-5
東急田園都市線 池尻駅 徒歩10分
03-5481-9011

詳細は【MOUNT ZINE】さんのHPでチェックしてみて下さい! http://ffllaatt.com/mountzine/



『 Sung Attic 』の表紙の色はランダムになっていて価格は500円です。チケットでそのままお持ち帰り頂くとこができます。

当日は良いお天気だと良いですね☆ZINEを通して、素敵な出逢いが皆様にありますように!



2011年10月6日木曜日

10/8 DEZAIN MONKEYS 02・fab zineに参加します☆


今週いよいよ行われる10/8(sat)「関西ファッションの再構築」 がテーマのイベント『 DEZAIN MONKEYS 02 』。その中のCONTENTS [ fab zine ]にQUICKCANAL ZINEも参加します!

私のZINE以外にも既に色んな所から様々なZINEが集まっているみたいだし、なんとこの日の為に
林 央子さんが急遽ZINEを作成されているらしいですっ!林さんが関西に来てくださる機会もそうそうないと思いますし、なによりこの日の為だけのZINEを生で拝めるなんてすごく貴重。実物はどんな感じなのか、想像が止まらないです(笑)。

P-VINEBOOKS刊  『拡張するファッション 』 


林 央子さんはZINE以外に生駒 芳子さんとトークセッションもされます。間違いなくこの日の重要なCONTENTSの1つ。以前に、林さんの著作『 拡張するファッション 』のトークショーに行かせていただいたのですが「林さんの口からしか聞けない話」が多くて、その後の活動やクリエィトにも少なからず影響を受けています。私の場合は、林さんのトークショーに行ってからクリエィティヴな事に限らず普段の生活から「 心がける物事 」が出来て、結果的にそれが総て繋がって、良いループを描けてるんじゃないのかなぁ、と思います。でも、全然堅苦しくなく只「 ファッションが好き! 」って気持ち1つで聞きに行ったとしても楽しめると思いますよ!FASHION SHOWもあるし、他にも豪華なGUESTとCONTENTSが沢山イベントです。

DEZAIN MONKEYS 02 )
2011.10.08(sat)15:00-21:00
場所)大阪南港 ATC HALL O's棟 南館
住所)559-0034
大阪府大阪市住之江区南港北2丁目1-10


詳細はこちらでチェック!)
DEZAIN MONKEYS 02 http://dezain-monkeys.com/
fab zine http://fabzine.org/


QUICKCANALのZINEをお取り扱い頂いてます中崎町のZINE専門店Books DANTALIONさんもこのイベントに協賛・協力されています。

断腸の思いですが、残念ながら私自身はこの日足を運ぶ事が出来ません…。関西近郊や、連休中でお近くに来る皆さん、良かったら私の分まで楽しんで来てください!イベント自体もファッションを横断したCONTENTSが豊富だと思いますし、会場に遊びにきている皆さんのコーディネイトを見たりするのも楽しそうですね!アフターもあるようなので(追加料金あり、詳細はDEZAMONのHPをご覧になってください)色々収穫したあとはアフターで、パーッとはじけてください!


そして良かったら、QUICKCANALのZINEもみてやって下さいね!

2011年10月1日土曜日

One of The Tweets…

それは1つの呟きから始まった…。


明日の安治川口FLOATさんで行われる「大阪ZINE FAIR 2」。今回も予告通り参加いたします!なにかFREEのものを1つ持っていきたいな、と思ってFREE PAPER [ LUKKA ]のVOL.6を急遽作りました!今回のお題はATLANTAのあのBAND?このBAND?とにかく真相は手に取った方のみぞ知る(笑)!一枚ですが両面印刷で冊子っぽくなってます!良かったら皆さん遊びに来てくださいね!QUICKCANALは13時~18時までの参加です☆

 そして『 MONOLITH 』も全タイトル持っていきます!ヨロシクね!

 

こっちが新作『 Sung Attic 』です。初披露!


会場)FLOAT → http://float.chochopin.net/

大阪ZINE FAIR → http://osakazinefair.tumblr.com/


まだこれからフラッグとか作ろうかな(笑)皆さんとお会いできるのをほんとにほんとに楽しみにしていますね!