2011年5月30日月曜日

映画 『ブルーヴァレンタイン』


                                                              
                                                          Blue Valentine

            
あらすじ):ディーンとシンディ夫婦は娘のフランキーとの三人暮らし。長年の勉強のすえ資格を取り、看護師として忙しなく働く妻のシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)と、朝からビールを飲みながらペンキ塗りの仕事をするディーン(ライアン・コリンズ)。もっと自分を高める努力をして、きちんとした仕事に就いて欲しいとシンディは夫に対して思っているが、最低限の仕事をして少しでも多くの時間を家族と過ごす事が一番大事だというディーンとの溝は深まるばかり。2人の出会いは、シンディは医学生、ディーンは引っ越しのアルバイトで生計を立てていた頃。不釣り合いな2人だったが、ディーンのどこか飄々とした生き方と明るさにシンディは惹かれていった。若く夢があり、お互いに相手に夢中で毎日が輝いていた幸せな日々…。そんな2人の過去と現在が交錯しながら、愛の終りと誕生が重なり合う、切ない慟哭のラストへと向かっていく。(オフィシャルより抜粋)

 トム・ウェイツの楽曲名と同じタイトルの映画『ブルーヴァレンタイン』、音楽好きには必見!という声を聞いていて、ずっと観たかった映画です。上映は5月いっぱいみたいなのですが、ラスト三日間の上映時間が、ちょうど観に行ける時間帯だったので行ってまいりました!出来るだけ、ネタばれしたくないので、自分なりの感想をポンポンと書いていこうかなぁ、と思います。

 本編はディーンとシンディ―、2人の気持ちの移り変わりを過去から現在にかけてメインでフォーカスし、それを鮮やかに交錯して進んでいきます。生い立ちから「結婚」に対して、なかなか希望が見いだせない2人。そんな2人が出逢い、恋に落ち、幼い感情を保ちながらも共に生きる事を選びます。幼稚であっても、恋に落ち、障害も乗り越え、眩い季節を育む2人は本当に観ていて、微笑ましいです。対して、現在の2人は生活を共にする上の現実に摩擦され、お互いに不満を持ち、喧嘩も絶えず、すれ違ってしまいます。まず、この「過去」と「現在」の映像のカラーが違います。若く眩しい季節、は色鮮やかに描かれ、現実に疲れた現在、はその名の通りブルーがかって描かれています。この「陽」と「陰」の対比、交錯がなんとも時の流れの残酷さを克明に描き、より一層過ぎ去りし日々を鮮やかなものに感じさせられます。でもこれは、ただ悲しくて残酷な現実だけを描いた物語でしょうか?2人の視点で映画は進みますが、登場人物は勿論2人だけではありません。子育てをしている、私の視点は必然的に幼い娘のフランキーにも寄ってしまいます。この映画の登場人物全てが、観ている人の心の中にもいるだろうし、娘のフランキーに子供の頃の2人を重ねる事も出来ると思います。美しい想い出や記憶だけでは勿論生きてはいけません。でもその思い通りにいかない現実の残酷さ、そして誰でも少し思い当たる、胸がツキンとするような恋心のリアリティ、観ている人の人生をも交錯させる、悲しいからこそ、美しい瞬間の刹那さをうまく描いた愛しい物語。私はディーンとシンディ、人間的にどちらも好きですが、悩み苦しみつつも子供に愛情をそそぐ現在の2人の方がもっと好きです。実体験として「愛」だけでは子供って育てられないし、その辺のけっこうな弊害は乗り越えてる2人なので、この物語は観る人の視点にも沿ってまだまだ続くのだな、と胸が熱くもなりました。ブルックリンのバンド、Grizzly Bearが担当した音楽も映画館の音響効果で更に秀逸でした。特にラストのエンドロールは圧巻で、もう一度映画館で観たい位です!アルバム『Yellow House』からの楽曲も多いものの、収録曲のインストver映画のみだけみたいなので、サントラの方もチェックしようと思います。観る人の見解や視点が、回を重ねる度に浮かんでくる長く愛していける映画だと思います。悩んでる人は是非映画館へ駆け込んでくださいね!

2011年5月27日金曜日

トランスなんとかコンプレクス×ヴァレンシア・ストリート


挨拶されてる間部百合さん、DIRTYさん
5/14 OSAKA ZINE FAIR に続き、自分の事で手がいっぱいで全くリサーチ出来ずにいた私にまたしてもエキサイトする情報が飛び込んできました!(前日に、しかもご本人の口頭で…前回のBLOG参照)。5/15 ミナミのアートスペース、PLUPにて、写真家、間部百合さんの「トランスなんとかコンプレクス」展と同時に、「ヴァレンシア・ストリート」刊行記念パーティーが行われるというのです!昨日知ったばかりですが、どうしても行きたかったのでチーズケーキとシュークリームを持ってなんとか駆け込みセーフ!!PLUPの前にはDIRTYさん、そして多分お友達もたくさん集まっておられました。わぁ、部外者な私、でも行くもんね☆ とか思いながら汗だくのままDIRTYさんにお声をかけさせていただいたら「本当にお忙しい中、ありがとうございます。」と、またしても凛としてご丁寧にご挨拶していただきました~。本当、感無量です。そして、会場内に飾られた写真の数々。またディスプレイ方法が面白く、こんな感じ ↓ です。プレハブなどに使用する素材を切り抜き、

枠にはめて、そこに写真を貼り付けていますね。ジェンダーレス(間部さんはクイア仲間と公言されていた)な人々や、けっして狭い枠にはまらない間部百合さんの写真の世界観、がとてもこの展示方法にはぴったりあっていたと思います。間部百合さんは、この日の前日、OSAKA ZINE FAIRで私のブースにも来て下って、『RYLICS』を買って下さった数少ない方のお1人。その時は間部百合さんとは当然しらず「(私の『RYLICS』を見ながら)これって~、見た目で買っちゃったんですけど~、どんな内容なんですか~?」と聞かれて(ちなみにばかにしてるわけじゃありません。実際にとてもライトでカジュアルな方でした)私も「コラージュです」みたいなライトな感じで説明しながら、「ディーゼルのブルゾン可愛いなぁ」とか、思っていたので、あの日お会いした僅かな時間でもとても印象に残った方の1人でもありました。撮られている写真達も「初めてあった気がしない」と思ったら、音楽雑誌「SNOOZER」で間部さんの写真を見ていたんですね~。同じ出版社リトルモアからの「真夜中」とかでも活躍されていますんで、小さい身体ながら強烈なパワーの間部さんの写真、良かったら是非お手にとって見てみてくださいね!

ANNAとMIKA
そんで、私
会場に続々と集まってくる人達の中に、昨日のZINE FAIR主催のANNAとMIKAが!!!昨日は挨拶もそこそこに帰ってしまったので、ずっと気がかりだったのです。しかもANNAは昨日誕生日だったんだって!!!おめでとう!!!私が渡したZINEも見てくれて、「
ZINEありがとう。」と照れくさそうなANNA。あまりお話できなかったけどこうやってお話できて嬉しい☆MIKAはとても表情がくるくるした人で「DEERHUNTER初来日(十三ファンダンゴ、アクロンファミリーとの公演)行きました。でも、あなたの方がもっともっとDEERHUNTERに詳しいですね。」と言っていました。音楽が異常に好きって事も、やはり少数派ですね。とにかくまたこのお二人に会えて嬉しかったし、また一緒になにかしたいなぁ☆


ここでも会場のZINEを見るANNA。好きなんだね☆
そして始まったパーティーは見知った顔(私除く)の中で、皆で食べ物を持ち寄り、とてもアットホームな空気。この日の、間部百合さん、DIRTYさんの合同朗読会。多分、すごく楽しみにされていた方も多くいて、お二人の始まりのあいさつで、様々な人生が交差して、少し涙がホロり、とされてる方も。言及は下手にできないんですが、私自身のスタンスをひとつ。私は「性」に対してあまり考えた事がないし、出来れば考えたくない人間です。「深く考える事」自体ないって事は、ヘテロって事なのかな?私は結婚もしてるし、子供もいてて幸せだけど、身が焦がれるような恋愛をした事がないし、恋愛をしたい!とか渇望した事がない。思春期から音楽や藝術に恋してて、そのおかげで男の子の友達も多かったけど、色のついた視線がどうも苦手で、友達がそうなってくるのは嫌だった。そんな事よりも、ず~っとみんなでスケボーしたりお酒のんだりしていたかった。だから「性」に関しては全く奔放じゃなくて、お付き合いした人数も家人含めて2人。私は、こと恋愛に関してはぬるま湯がいいのです。人の情熱はキャパシティが決まってるかもしれないな、と思うのはこんな時。さぁ、そんな事は置いといて、DIRTYさん翻訳の『ヴァレンシア・ストリート』。私も買って読ませていただきましたが、この日もDIRTYさんが一説を朗読されるなどで、「読む」とは違う形で体感する、文字の取り込み方もいいもんだなぁ、と思いました。淡々として、青くないDIRTYさんの声の質感。紡がれる言葉はミシェル・ティーさんの言葉なのですが、DIRTYさんという媒体を通して、その情景が立体的に感じれたのは事実です。ミシェル・ティーさんの「ストリート・ポエトリー」、どんなものか生で聞いてみたいですね。



太田出版『ヴァレンシア・ストリート」必見!

会場に来ておられた方も、好きな詩や作ってきた詩を朗読したり、優しい空気の中でも、お子様で青い私にとってはとても刺激的で楽しい時間でした。残念ながら途中で退席…(最後まで失礼三昧)。うぅ…、最後までいたかった…(/_;)なんにせよ、間部百合さん、DIRTYさん、これからもイチファンとして、ご活躍を願っています!最後に握手してもらったDIRTYさんの手、きれいで細かったなぁ~。この日、出逢えた皆さんもありがとうございました!!!








2011年5月19日木曜日

5月14日 大阪ZINE FAIRに参加してきました!


西九条@FLOAT 会場の入り口の様子
  西九条、安治川口に沿って建っている古びた建物、FLOAT。この日はその素敵な建物全部をお借りして一階のガレージではZINEの販売、二階のキッチンではフード販売もされていて、そのほかヨガやクラフトやZINEのワークショップもあり、そしてZINEの即売会終了後はLIVE、と盛りだくさんのイベントでした!!!本当に楽しかった★私はZINEの出店で参加していたので、色々見て廻る事があまりできませんでしたが、ZINEの即売会に出たのは初めてで、こんなに沢山の人達が来てくれたんだ!と感動もひとしおでした。写真もこの日はあまり撮影できなくて主催してくれたMIKAとANNAの写真もこの日は撮れずじまいになってしまったけど、改めてこんな機会を設けてくれてありがとう!!!

これは当初のうちのスペース


 さてさて、当日のQUICKCANALはと言いますと、スペースは←こんな感じ。TAKE FREEにペーパー「LUKKA」と家に沢山あったバンドステッカーを持参しました~(やっぱり一番早く無くなりました)。あとは「monolith」と読み物で大好きなDEERHUNTERのギタリスト、ロケットのソロ・プロジェクトLOTUS PLAZAについて書いた「MONOLITH vol.2」とこの大阪ZINE FAIRに向けて作ったZINE「LYRICS」と急遽
NIRVANAについて作ってしまった「MONOLITH vol.3」を販売しました~。こんなにごちゃごちゃしてたのはうちのスペースだけだったんですよ~(笑)。でもずっと本当にこんな素敵なシチュエーションでZINEの販売をするのが夢の1つだったので感無量。周囲の出展者さんのクオリティも相当すごかったので、今後のZINE作りに是非参考にしたいと思います!

 そして、なんとなんと、この日は私の憧れの“TEAM KATHY”も東京からはるばるやってこられて出店されるという事をギリギリに知って(なんせこの日に向けて私も急遽ZINEを追加で作るなど、自分の事できりきり舞いだったのでチェックするのが遅かったのです)ずっと別の意味でソワソワしていました。「憧れの」とか言っちゃってる割にTEAM KATHYさんのZINEは一度も手にした事はなく、私はずっと音楽を通して[YETI]というアメリカのカルチャーマガジンが好きだったのですが、[YETI]を追っているうちに知ったのが彼女たちTEAM KATHYで、私が好きな音楽をしている人達の傾向として(あくまで結果論としての統計と一要素であるとしか言えないのですが)多様なセクシャリティである事がいえます。私はセクシャリティに限らず「自分らしく生きる。真の自分としてそれぞれが生きれる社会。」になれば良いな、という思いが昔からあって(この考えの発端というのは90年代初頭のムーブメント、ライオット・ガール、私の場合は特にSONIC YOUTHのキム・ゴードンやHOLEのコートニー・ラブに影響を受けている)そして、彼女たちはそんな「ライオット・ガール」を現在において自身を持って体現しているチームであるといえる事でしょう。彼女たちの活動を遠目に眺めてもそう感じていたので私が重要としている「フィジカルに触れる」機会を持てれば、といつも思いながらZINEを作る活動をしていました。そしてなんとこの日その願いは叶う事に…! 3・2・1!!!

…爆発しませんよ(笑)。この日はTEAM KATHYよりDIRTYさんが来られてブースで販売をされていました。そこにお客さんの隙間をぬって近づく私…。この日、販売されていたTEAM KATHYのZINEを全部買いしめ「ファンです。」言っちゃった★そしたらDIRTYさんはとてもご丁寧に知的に「ありがとうございます。」と優しく仰ってくださって、おまけに美人で本当に素敵な方でした。TEAM KATHYさんは、アメリカのダイクカルチャーとストリートポエトリーから詩人、小説家として活躍されるミシェル・ティーさんという方をずっと追ってらして、TEAM KATHYのZINEでも勿論特集されていますし、著作『ヴァレンシア・ストリート』はDIRTYさんの翻訳でここ日本でも太田出版より発売されています。QUICKCANALのZINEももらっていただいて「良かったら明日のレセプションパーティーにも来てください。」と言っていただいて(自分もZINE作りでアップアップでノーチェックだった私は)「そんなのがあるんですか!」とファン失格のセリフをご本人の前でやらかし「子供達の都合がつけば行きます!」などとのたまうのです(めっちゃ緊張してた。こんな緊張したんはJONSI以来…、それぐらい凛とされていた方だった)。でもね~、勿論私が行かない訳ありません!というわけでTEAM KATHYについては次回のBLOGに続く…!!!(こっちは写真もいっぱい撮れたのでアップします。大阪ZINE FAIR主催のMIKA とANNAも来てたので改めて写真を撮らせてもらいました!)


いや~、本当これだけでも私が相当充実してるんですけど(笑)。それに加えブースに足を運んで下さった皆様、TWITTERをしていて初めてリアルにお会い出来た方もいて、本当に人の目と目を合わせてお話する、って事は自分にとってかけがえのない行為なんだな、と再確認できました。インターネットは距離や時間などを限りなく超越した、使いようによっては最高のツールだと思う。でも結局は「ツール」でしかないとも私の場合は思うので(特にコミュニケイトは本当にしづらい)インターネットと比べれば本当に気が遠くなる所作だと分かっていても実際に自分の目で見て肌で感じたいなぁ、と思ってこれからもインディペンデントな活動をしていきます。まぁ、マイペースにね。

この日はご挨拶させてもらった佐藤澪さん、いつもお世話になっていますBooks DANTALIONの堺さん、ここには書ききれない素敵な方達にお会いできて本当に楽しかった!お礼が最後になってしまいましたがありがとうございます!!!次回、第二回がある事を楽しみにまちながら精進できたらいいな、と願っております★


ここからは私のデジカメが電池切れするまで撮った当日の写真です。
やっぱり大事に時に充電をしっかりしてこない鉄板…。少しですがFLOATの映画の様な空気を楽しんでいただけたら幸いです。



男の人と女の人三本脚の猫一匹、でここに住むFLOAT。


私のスペースお隣さんRYAN。仲良くしてくれてありがとー★
ステディのさやかさんと仲良くね☆超クオリティの高いSF漫画描いています!
ryancecilsmith.com


私の戦利品。中央がTEAM KATHYの品々。イェイ!

当日会場に飾られていたコラージュ。


  

2011年5月6日金曜日

大阪ZINE FAIR の告知&『MONOLITH vol.3』完成!!!

5月14日の Osaka Zine Fair にQuickcanalも参加いたします。
それに伴いなんとかZINE二冊完成いたしました!!
一冊『LYRICS』の方はOsaka Zine Fairで初披露いたすことにします★そしてもう一冊は前回のLOTUS PLAZAから過去に回帰して私の原点といえますNIRVANA、90's音楽シーンの1つGrungyを中心として今回も雑多に自由に楽しく纏めてみました。短いながらもコンテンツは前回より豊富になったかなぁ、と思います。と言いましてもこちらは二日で仕上げましたのでかなり粗くもあります。引き続き Books DANTALION様 で購入できます。Osaka Zine Fairでは私、財津がスペースで直販させていただきますので、皆様にお会い出来るのを心から楽しみにしております!(その為にZINE作ってるようなものです☆)今後も『MONOLITH』はインディペンデントに発行していきます。素材の一覧としては HP もありますのでよろしければ覗いて見て下さいませ。ではでは!

『MONOLITH vol.3』 my beautiful grungy  P24(本文のみ)
 600円 モノクロ
【コンテンツ】 90's音楽用語集/レーベル「K」/Smells Like Teen Spirit/ 神格化は幻想/Grungyというファッション/91年の世界と音楽/Kurt Loves Music Top 5/カートと家族/音楽は生き続ける/最後まで雑感

2011年5月1日日曜日

memphisを聞いて久しぶりに切なくなりました




以前、人と会話していた時に「メインストリームの音楽って好きになった事ないかも。」と言った事がある。自分で言っといてなんだけど、非常に違和感のある言葉だと思う。「メインストリームにあるべき音楽」とはどんなもんなのだろう?「シーン」と呼ばれる存在についても、色々思っているけどそれを言い出すと「ジャンル」の存在の是非にもかかってきてしまう。これは多分ずっと「音楽」がある限りテーマになり続けていくだろうし、既存の音楽の発掘と開拓が真新しいご時世では混沌は避けられないものなんでしょう。さて、そんな中、私が新たに心惹かれた一枚を紹介します。

 つい最近大阪のレコード屋さんFLAKE RECORDSで購入したmemphis『here comes a city』です。CanadaのバンドStarsのヴォーカルの1人Torquil campbellと友人のChris dumontのデュオ。Starsが好きな方もそうだと思いますが、まずTorquilの声が綺麗で良い。Starsは男女ツインヴォーカルで、盛り上がりも厚みもあるのですが、memphisの方はとにかく切ない。「ネオアコ」とも呼ばれていますが、断続的なギターのフレーズだとかサウンドも派手さはないものの、ストリングスも多様で瑞瑞しくも浮遊感がある。そこに乗せられたTorquilの擦れたヴォーカルは、声高らかに、ではなく少し無感情にさえ感じるほど青くない。すごくメロディはしっかりしていて透明感があるのにひんやりしている。思わず10代の時感じていた、走り出したいのに走りだせないやり場のなさ、が込みあがってきちゃいました。大人になった現在でもそう感じる事が出来る、というのは幸せだと思います。

そしてこの「i am the photographer」はこのアルバム一番のポップナンバーだとおもいますが、ギターのカッティングと疾走感あふれる切ないメロディに本当にキュンとします。こういうマイナーキーを多様に使ったメロディアスな音って日本人の耳にとてもなじみやすいと思うんだけど違うんだろうか?クラウトもダブステップもパーティーチューンも勿論自分をあげてくれる音楽だけど、memphisの様にシンプルで美しいメロディをもった音楽にもこれからも出逢っていきたいです。そしてこの曲を試聴機にセレクトされていたFLAKE RECORDSさんありがとうございます!自分がネットではキャッチできなかった音楽に、もっと触れ合いたい、知りたいと切に願うと共に、自分の中の音楽への欲求はまだまだ枯れないようです。